毛布 洗い方

洗濯機での毛布の洗い方

毛布の洗い方って悩みますよね。

また、毛布というのは見た目以上に汚れてしまうものですので、少しの間洗わないでいると汚れがびっしり。

こうなってしまうと使うのを躊躇して捨ててしまうなんてことも。

しかし、どんなに汚れてしまったものでも、正しい粗い方をすれば綺麗に洗うことが出来ますよ。

まずは、その毛布の取り扱い絵を見てみましょう。その部分に、桶に水が溜まっているような絵、または洗濯機の絵があれば水洗いが可能ということです。

このとき、中性と書いてあるような毛布は中性の洗剤を使用するようにしてください。

実際に洗うとき、ご家庭にある洗濯機をチェックしましょう。

洗濯機に「大物洗いコース」や、「毛布コース」などがあるばあい、その洗濯機は毛布を洗うことが可能です。

表示がない洗濯機を使っている場合は、少し大変ですが踏み洗いなどを試しましょう。

洗濯機であらう場合、専用のネットに毛布を入れてコースを選択するだけ。このときに柔軟材などを入れてあげると、ふわっとした心地いい仕上がりになります。

あとは洗いあがるのを待ち、よく晴れた日に2本のさおを使ってM字型に干してあげましょう。

洗った後の毛布にくるまって寝るのはとても気持ちいいですよ。そんなに手間もとらないと思うので、試してみてくださいね。

スポンサードリンク

洗濯機以外での毛布の洗い方

毛布の洗い方で一番簡単なのは洗濯機を使ってのものです。

しかし、使用している洗濯機によっては大物のものは洗えないものもあるかと思います。

そういうときは、頑張って踏み洗いをしてあげましょう。

まず、液体洗剤を使う場合、原液をタオルなどに染み込ませて、汚れが酷いところにとんとんと叩き染み込ませてあげます。

粉末洗剤を使う場合は、部分洗いようのスプレー洗剤などを使用するといいでしょう。その後、ご家庭の浴槽に入りきるようなサイズに毛布を折りたたみます。

浴槽には、水温30℃以下の水を10cmほどにはり、洗剤をよく溶かしておきましょう。

その後、そこに折りたたんだ毛布を入れて足で踏みます。日頃のストレスを発散するように踏めば、心なしか綺麗に洗えます。

よく踏んだ後は、水を新しく入れてすすぎましょう。

最後に、柔軟剤を溶かした水に数分つけておけば、仕上がりがふわっとしたものにすることが出来るでしょう。

あとは水を抜き、洗濯機で洗った場合と同じようにM字型に干してあげれば完了です。

お疲れ様でした。

苦労してきれいに洗った毛布で寝るのはとても気持ちいいですよ。

スポンサードリンク

このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する

スポンサードリンク